チクホーの歩み

創業

1928年(昭和3年)
福岡県久留米市東櫛原町に村田貨物自動車部を設立創業

福岡県にてトラック事業を最初に興したのは、どこの誰であったか明確な資料は見当たらない。福岡県史史料などを通覧してみると1918年(大正7年)に門司市(当時)運送業の会社設立があった。
そして、1920年(大正9年)には、博多ー二日市ー甘木間にトラックの定期便が運行開始という記録がある。そんなトラック運送会社創成期頃から僅か後に、チクホーの前身『村田貨物自動車部』は創業した。

そして、戦時体制下へ

戦時要請による輸送力の確保と企業基盤の強化を狙った自動車交通事業法の改正が行われた。

1941年(昭和16年)第1次企業統合令により、『久留米トラック有限会社』となる
原田什蔵、村田定太郎、中島光男、別府一の各氏経営の事業が、『久留米トラック有限会社』に集約される。
1944年(昭和19年)第2次企業統合令により、『筑邦貨物自動車株式会社』となる。

一地区一事業となり久留米市の運送事業者は『筑邦貨物自動車株式会社』に集約される。

これにより、福岡県下の運送会社は11社に集約された。

分離独立

マンモス 5号車
1956年(昭和31年)12月 資本金300万円にて『筑邦貨物有限会社』として分離独立。
敗戦後、戦時統合会社は解体されていく。
筑邦貨物自動車は、その中核的存在であった二又茂登氏が昭和26年に久留米運送(株)を設立し分離しその主流を引き継いだ。
ただ、筑邦貨物自動車(株)の名は昭和31年まで残り、統合前あった会社を含め、城島貨物自動車、筑邦トラック、筑邦貨物自動車運送、西日本運送、井出運送として再生した。

東京高速陸運設立

ブリヂストンタイヤ横浜工場の要望により、横浜市戸塚区舞岡町に

1964年(昭和39年)6月 『筑邦貨物有限会社 横浜連絡所』を設立
1965年(昭和40年)5月   資本金800万円にて『高速陸運株式会社』を設立
1966年(昭和41年)12月 資本金500万円にて『東京高速陸運株式会社』を設立

チクホーへ

いの吉くん
1991年(平成3年)1月 社名を『筑邦貨物有限会社』から『株式会社チクホー』へ変更
資本金を3000万円に増資し、有限会社を株式会社とする。
現在チクホーのキャラクター『いの吉くん』を商標登録する。

さらなる飛躍へ

業務拡張の為、大川営業所を中八院へ移転