高卒新入社員のある日の1日

倉庫作業員の1日を密着取材!

a.m 6:00  営業所出発

通常は、朝8時半に出社ですがトラックの運行がある日は荷物の到着時間に合わせて出社します。
今日は、9時に熊本のお客様に荷物を届けなければならないので、早めの出社です。
そして、出社して最初にする事は、運行前の車輌の点検と点呼です。
点呼では、免許証や健康状態の確認やアルコールチェック等をします。

a.m  9:00  熊本荷卸し

熊本の荷降ろし先までは、国道を通って行きます。
あまり行った事がない土地だけど、前日に運行管理者の佐藤さんと道順などについて十分な打ち合わせをしていたので、迷う事無く無事到着する事ができました。
積んだ荷物をフォークリフトを使って降ろします。
無事、仕事が完了したので今日は営業所に戻ります。

 

 

 

p.m 13:00 営業所到着、業務報告書の作成など

荷物を運び終えて営業所に戻ってきて仕事が終わりではありません。出発した時と同じように点呼もしなくてはいけませんし、業務の報告書の作成やエンジンの回転数や速度などを記録したデジタコチャート紙による運行管理者からのトラックの走り方などについての指導もあります。
このデジタコチャートは点数化されるので、運行から帰ってくる度に自分の走行について見直す事が出来ます。
良い点数がでた時には嬉しいので仕事の励みになります(笑)

p.m 15:00 組み立て作業

ここまでは、2tトラックでの配達の仕事ばかり紹介してましたが、実はこの仮設トイレの組み立て作業が自分の本業になります(笑)
配送が無い日は、基本この組み立て作業をしたりトラックの積込みの手伝いとかを主にしています。
組み立て作業で一番気を遣うのは、パネルに穴を空けてトイレットペーパ等の部品を取る付ける時です。だって、穴を空けたら最後、絶対に間違えられないですもん。

p.m16:00 明朝出発に向けての積込み作業

明日の出発に向けて荷物の積込み作業をします。積荷が動かない様にシッカリ固縛! 最初は、積込み方とか荷物の固定方法とか全然わからなかったけど、先輩たちが親切に教えてくれるので徐々に覚えていってます。だけど、荷物の形状やトラックの荷台の寸法とか毎回違うので、教えられた事だけでは、十分ではありません。応用力を身につけないといけないので大変です。でも、ひとつひとつの経験が重要だよって声を掛けて頂いてるので、焦らず成長していければと思ってます。

p.m 17:30 帰宅

ほぼ9割位は定時の5:30で帰ります。
この夕方の明るい内に帰宅できるのは嬉しいです。
しかも、定時に帰っても月に20時間までは固定残業代が必ず支払われるので、本当に恵まれた環境だと思います。もちろん、繁忙期で20時間以上の残業が実際に発生した時は、その超過分も頂けますしね。高卒で入社してこの好待遇は友達にちょっと自慢です(笑)